本文へ

2013年6月6日 東京木工場見学会(更新2013/9/12)

古くからの精巧な木工技術の伝承と、時代の要求に応えるため技術革新を続ける東京木工場で、現代の木工技術を体感していただくことを目的に見学会を開催しました。今回は建築を学ぶ学生の皆さんを中心に、26名の方々にご参加いただきました。

材料の保管から加工、組み立て、塗装などの製作工程に沿った解説とともに、実際に機械を動かして木材を加工する様子も見学していただきました。作業をする職人の手元をじっと見ながら一生懸命にメモを取ったり、参加者の方と職人が直接やりとりする場面があちこちで見られ、とても熱心に見学していただきました。

    

参加者からは「普段は出来上がった製品しか見ていなかったが、その工程を見ることができて理解が深まった」「木材による建築設計の必要性や木材を使った空間の良さを実感した」「木造建築にあまり興味がなかったが、興味が湧いた」などの感想をいただきました。