シミズのエンジニアリング > プラント > 化粧品工場 > 化粧品エンジニアリング

化粧品工場

化粧品エンジニアリング

成功へのカギは徹底した与条件分析とエンジニアリング・建築の融合です。
「専門力」と「総合力」で商品価値につながる安全・安心な生産施設をご提供します。

化粧品エンジニアリング

専門力と総合力

高品質・高生産性を具現化する化粧品工場

化粧品に特化した製造および品質管理の指針である「化粧品GMP」は、2007年に国際規格(IS)として発効されたISO-GMPが国際的に信頼を得ています。国内においても、日本化粧品工業連合会(粧工連)が翌08年にISO-GMPを自主基準として採用しました。
高度な専門性かつ厳格な化粧品の品質管理指針を順守するには、各々に要求事項を満足するハードとソフトの両面を組み合わせ、最適化を図る必要があります。

「化粧品GMP」化粧品に特化した製造および品質管理の指針

シミズでは医薬品施設構築での知見を活かし、化粧品GMPに基づく品質管理手順(ソフト)を確実に実行できる高い生産性を備えた建築・生産設備(ハード)をトータルエンジニアリングで構築いたします。

化粧品GMP

シミズのエンジニアリングサポート

■ゾーニング・動線・バリア

交差汚染を防止するためのゾーニングの考え方を建築計画に展開し、適切なバリア及び空調エアフロ―、セキュリティーの構築で最適な施設を提供します。

ゾーニング・バリア

■ペストコントロール

シミズではペストコントロール専門部隊が現地調査と調査結果に基づいた防虫・鼠・鳥対策を策定し建築計画に反映します。施工中、施工後のフォローも計画的に対応しています。

ゾーニング・バリア

危険物施設の施設計画

化粧品工場で取り扱われる原料・製品群にはアルコール類や油脂類が含まれる場合があり、それらは消防法令上の「危険物」に該当します。 「危険物」及びその他の可燃物類は、消防法令上の「製造所等の位置、構造及び設備の基準」においてその取扱いや保管方法が規制されています。
シミズではお客様が予定される危険物の取扱量、保管量を基に、建屋および生産設備に対する危険物施設基準の要求仕様を明確にし、所轄消防署との各種交渉や調整を行い法令に準拠した施設計画を実施します。

フルターンキーエンジニアサポート

実績紹介

株式会社コーセー様 群馬工場 30号棟

1階
群馬工場 新生産棟

1階
新生産棟 空撮

(株式会社コーセー様ホームページ ニュースリリース2017.3.2 より)

群馬工場の概要

建設地 :  群馬県伊勢崎市
竣工 :  2016年11月
建物概要 :  地上3階建
延床面積 :  18,666m2
生産品目 :  メイクアップ・スキンケア製品
生産能力 :  年間4,500t、3,000万個

生産商品のご紹介

DECORTÉ
DECORTÉ

雪肌精
雪肌精

ONE BY KOSÉ
ONE BY KOSÉ

JILL STUART
JILL STUART