ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。



このページは、トップページの中のCSR活動の中の社会貢献活動の中のその他の社会的活動の中の建設技術歴史展示室のページです。


ここから本文です。

建設技術歴史展示室

脈々と続くものづくりを技術の視点から見極め、文化として伝承することは
建設業に携わる私達の使命です。

現在の基盤となる技術が導入された明治・大正期は、建設技術が地震を契機として
大きく進歩した時期でもあります。
ここでは、こうした時代を象徴する技術を当社の枠を超えてご紹介しています。

過去から未来へ発展し続ける建設技術の魅力。
多くの方々に身近に感じて頂けることを願っています。

展示内容(常設展示)

コンクリート構造物の歴史と発展

コンクリート材料から施工技術の歴史的変遷に幅広く焦点をあて、特に、実際には目に触れることのない当時の建築・土木コンクリート構造物内部の様子も実物をもとに紹介しています。

展示コンテンツの紹介


タイル・煉瓦施工技術の変遷

明治末期から昭和初期、まさに、関東大震災を経験し、煉瓦造から鉄筋コンクリート造へ移行していく時代にスポットをあて、その頃の煉瓦積みやタイル張りの材料・施工法について紹介しています。


鉄骨造建物の歴史と変遷

鉄骨造建物の歴史と変遷を紹介し、特に資料が比較的多く残っている三井本館の歴史、および、鉄骨造建物には必要かつ不可欠である接合技術の歴史について紹介しています。

ご案内

場所 清水建設株式会社 技術研究所 内
〒135-8530
東京都江東区越中島3丁目4番17号 地図
開館時間 平日9:00〜17:00
休館日 当社定休日(土日・祝日、年末年始、夏季休暇等)
申込み・問合せ先 見学を希望される方は希望日の7日前までにお申込み下さい。
sit-koho@shimz.co.jp
氏名、所属(会社名・学校名等)、電話番号、希望日時、人数をお知らせ下さい。

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る