ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。



このページは、トップページの中のCSR活動の中の基本的な考え方と推進体制のページです。


ここから本文です。

基本的な考え方と推進体制

当社は「論語と算盤」を経営の基本理念としています。それを受け継ぎながら、当社および建設業を取り巻く社会状況の変化の中で、社会の要請に基づき、将来に向け建設業の特質を生かしたCSRを担うことが重要であると考えます。

当社はCSRを事業と一体のものとして推進し、社会の変化に対応した改革を継続的に行い、よき企業市民として積極的に社会の課題を解決するために、

  • 公正で透明な事業活動
  • 社会やお客様の期待を超える価値の実現
  • 社会との共生

を三本の柱としています。

CSRの体系図


CSR活動の基盤となる三本柱と活動項目

拡大表示


CSR推進体制

当社は、事業活動を通じ、社会からの期待・要請に応える活動として、CSR活動に取組んでいます。社会からの期待・要請がルール化され、ルールを守ることが法令順守・企業倫理であり、ルール化されていませんが、企業価値を守り、向上させるために当然守るべきこと、配慮すべきことがリスクマネジメントにあたります。さらに将来ルール化される、あるいはリスクマネジメントの対象になる可能性のあるものを含め、自主的に社会からの期待・要請に応える活動を加えた3つの活動で、当社のCSR活動は構成されています。

CSR推進部会と関係する部門・部署メンバーで構成する4つのワーキンググループ(WG)で、CSR活動に関する下記の項目について検討・提案し、CSR・地球環境員会で審議し、決定します。

  • 重要性の判断
  • 重点施策
  • 中長期計画
  • 年度計画
  • 指標(定量・定性)と目標
  • CSR報告書

国連グローバル・コンパクトへの参加

当社は、2013年3月国連が提唱するグローバル・コンパクトに署名・参加しました。

国連グローバル・コンパクトに関する詳細は国連Webサイトをご覧ください。

拡大表示


ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る