ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設の社寺建築・伝統建築


このページは、トップページの中のトピックスの中の史跡高松城跡桜御門復元整備工事のページです。


ここから本文です。

史跡高松城跡桜御門復元整備工事
〜史跡高松城跡桜御門復元整備工事についてご紹介します。

桜御門略年表

1588(天正16)年 高松城築城開始。
1627(寛永4)年 『讃岐探索書』に門が記載される。
1671(寛文11)年 東の丸・北の丸新造等、大規模改修が開始される。
1700(元禄13)年 御殿完成。
1890(明治23)年 高松城跡、陸軍省より高松松平家に払い下げ。桜御門も含まれる。
1917(大正6)年 披雲閣完成。
1943(昭和18)年 文部省技手による調査を経て高松松平家が国宝指定申請。
1944(昭和19)年 桜御門が国宝に指定されることが決定。
1945(昭和20)年 高松空襲により桜御門焼失。

史跡高松城跡桜御門復元整備工事 スケジュール(83KB)

桜御門古写真

桜御門古写真

桜御門復元図

桜御門復元図



ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る