ページの先頭です。
ページ内移動用のメニューです。


このページは、シミズの+しごと+トップの中の文化遺産の保存・再生の中のプロジェクト紹介「第5回 旧札幌農学校演武場・時計台の保存修理工事」のページです。


ここから本文です。

第4回 現代に甦る江戸城石垣〜皇居東御苑内本丸中之門石垣修復〜

札幌市のランドマークとして永年親しまれている「時計台」、旧札幌農学校演武場は、1995(平成7)年から1998年にかけて、当社の施工により大規模な保存修理工事が行われました。これは1970(昭和45)年、重要文化財に指定されて以来、初めてとなる全面的な修理工事です。

保存修理工事では、阪神・淡路大震災をうけて、震度6程度の地震に対しても安全が確保できるよう耐震補強も行われ、1998年に無事完了。創建当時の姿に限りなく戻り、地震にも強い安全・安心な時計台としてオープンし、今も創建当時と同じ鐘の音を響かせています。


時計塔正面下部の「演武場」と書かれた木額は岩倉具視の揮毫による

建築概要

  • 木造2階建
  • 時計塔の高さ:約20m
  • 建築面積:約384m2(全長:約25m、幅:約12m)

建物の沿革

北海道大学の前身である札幌農学校は、1872(明治5)年、東京・芝の増上寺内に開拓使仮学校として開校し、3年後の1875年に札幌へ移され、翌1876年に「札幌農学校」と称されるようになりました。

その後、高等農事教育機関としての使命をもち、さまざまな校舎が建設されました。その中のひとつとして、「Boys be ambitious」の言葉を残した初代教頭クラーク博士のあとを継いだ2代教頭ホイラー氏の基本構想図をもとに、1878年、2階建て木造建築の講堂として「演武場」が誕生しました。

建設当時の演武場は鐘楼でした。この演武場の開業式に出席した黒田開拓使長官の鶴の一声で、時計を取り付けることになったと言われています。

1879年、米国のハワード社から時計が到着しますが、大き過ぎたため、2年後の1881年に建物の一部を造り直したのが、現在私たちが目にしている「時計台」です。

1878(明治11)年  札幌農学校演武場として建設
1881(明治14)年  時計塔を増設
1906(明治39)年  現在地に曳家で移築
1924(大正13)年  東階段室増設など一部改修
1933(昭和 8)年  屋根鉄板の葺き替えなど大修理
1949(昭和24)年  一部改修
1961(昭和36)年  札幌市の有形文化財に指定
1967(昭和42)年  復原工事
1970(昭和45)年  重要文化財に指定
1976(昭和51)年  屋根の半分程度の葺き替え、外壁の全面的塗り直しなど大規模修理
1995(平成 7)年  大規模保存修理事業に着手
1998(平成10)年  耐震補強を含む大規模保存修理事業を完了
 時計台創建120年記念事業
2009(平成21)年  時計部分が日本最古の機械式塔時計として機械遺産に認定

保存修理工事の概要

解体・調査・修復からなる工事は、時計台を出来るだけ創建当時の姿に復原し、永く保存する目的で、1995年から約3年半をかけて行われました。1878年の創建後、初めて屋根と外壁を全面的に解体し、耐震補強を実施した後に、文化財独特の手法で修復しました。

日本における文化財の修復は、創建当時の材料である古材をできるだけ残します。新しい部材を使って寸分違わない再生は可能ですが、それでは複製となってしまい保存ではありません。傷みのある壁板や柱は、傷んでいる部分だけを取り去り、そこに新しい木材を継ぎ足して使います。

工事中は時計台全体が素屋根で覆われましたが、「時計塔の文字盤が見えるように」との要望に応え、正面部分には透明アクリル板が使用されました。

*出典:保存修理工事記録映像

白い壁の秘密

外壁の塗装を紙ヤスリでこすり出すことで、元々の塗装が判ります。この「こすり出し」による目視での観察調査の結果、創建当時の外壁の色は、灰色であることが判明しました。

その後、黄土色の時期を経て、1924(大正13)年に薄緑色となり、1949(昭和24)年、濃い緑色が塗られ、1953年から現在の白色に変遷したことが、明らかにされました。この現場での観察調査については、東京国立文化財研究所での電子線マイクロアナライザ科学分析による検証も行われています。

しかし、創建当時の姿に復元といって灰色に戻すとなると、多くの市民が目にしたことがない色になってしまいます。そこで、40年以上にわたり一番親しまれている“白い時計台”が維持されることになりました。

(注)こすり出し 紙ヤスリを用いて塗装の表面をすり鉢状に削りだし、層毎の色合いを浮き出していく手法で、文化財調査で広く用いられています。
時計台の調査では、全体で120か所のこすり出しが行われました。

*出典:保存修理工事記録映像

年輪状にこすり出された塗膜


ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。

ページの終わりです。ページの先頭へ戻る