ページの先頭です。
ページ内移動用のメニューです。


このページは、シミズの+しごと+トップの中のシミズ・ドリームの中のLUNA RINGのページです。


ここから本文です。

月太陽発電 -LUNA RING-

シミズの+しごと+トップページ

エネルギーのパラダイムシフトによる新たな持続型社会の実現を目指して

地球上の限りある資源を節約しながら使う・・・ というこれまでのパラダイムから、無限に近いクリーンエネルギーをつくり出し、潤沢なクリーンエネルギーを自由に使うという発想へのシフト。独創的なアイデアと宇宙技術の研究開発によって、それを具現化したのが「月太陽発電 ルナリング」構想です。
惑星地球は太陽の賜。永続的になくなることのない、どれだけ使っても地球環境に影響を及ぼさない、太陽の膨大なエネルギーが、未来の地球を美しくし、未来の豊かな生活をもたらします。
いつまでもこの美しい地球と人類が共存していくために・・・清水建設からの新しい提案です。

LUNA RING 映像がご覧いただけます。

Brochure PDF ダウンロードができます。


地球にソーラーエネルギーが届くまで

月から地球へのエネルギー伝送

月資源でつくる「月太陽電池」〜月発電所の建設〜

月発電所は月資源から

月発電所の建設には、月にある資源を極力活用します。
月の砂は酸化物なので、地球から水素を持ち込めば「酸素」や「水」をつくることが可能です。また「セメント」ができれば水と砂・砂利を混ぜてコンクリートに。そして、太陽熱を利用し、ブロックやグラスファイバーも製造することができます。

月発電所づくりは宇宙建設ロボットが活躍

月面建設ではロボットが主役。地球からの遠隔操作により24時間稼働が可能です。

・月面作業
月面でも人間の存在は必要で、少人数のスタッフとロボットが連携して共同作業。

・無重力空間でユニット組立
地球から運ぶ機器ユニットは軌道上で組み立て、月面に降下させて設置。
出典:NASA

・土木工事・資源採取
柔らかい月表面で、硬い深層部の掘削や整地をこなせる大型ロボット。
出典:NASA

月赤道上に並べられた太陽電池

月発電所の施設構成

1.月太陽電池
絶え間なく太陽光発電をするため月赤道上の全周11,000km、幅数kmから最大400kmに成長する太陽電池群。
2.送電ケーブル
月が地球に向いている「月の表側」にエネルギー伝送施設を配置。「月の裏側」に太陽光が当たる場合は、このケーブルで伝送施設まで送電。
3.マイクロ波送電アンテナ
直径20kmの送電アンテナから、地球上の受電レクテナへエネルギーを伝送。正確に送るために地球からのガイドビーコン(無線標準)使用。
4.レーザー光送光施設
太陽光から高いエネルギー密度のレーザー光を生成。正確に送るために地球からのガイドビーコン(無線標準)使用。
5.月赤道上輸送ルート
月発電所の建設やメンテナンスに必要な物質を運ぶ。搬送ルートの下に送電ケーブルを設置。
6.自走式太陽電池生産プラント
月の資源から太陽電池を生産・設置しながら工場自体が移動。
シミズ・ドリーム
  • OCEAN SPIRAL
  • 月太陽発電 LUNA RING
  • GREEN FLOAT
  • インターセルシティ
  • 宇宙ホテル
  • 月面基地

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。

ページの終わりです。ページの先頭へ戻る