匠の技で
木の可能性を
追求し続ける
東京木工場

SCROLL

新着情報

東京木工場について

宮大工の頃より脈々と受け継がれてきた
技と、木がここにあります

東京木工場は、明治17年(1884年)の開設以来、古来より職人によって磨かれ、活かされてきた精巧な木工技術を伝承し続けてきました。同時に、時代が要求するさまざまな需要にお応えするために、常に技術革新を続けています。

木工に関する高い技術力を持つ自社工場は、同業他社にはありません。また木工場では、お客様からいつ木工事のご依頼をいただいても対応できるよう、木の目利きが良質な木材を仕入れ、管理・保管をしています。

宮大工の頃より脈々と受け継がれてきた ”技”と”木”がここにあります
新着情報

技術と素材

木工職人の技

木は「生き物」です。扱いを間違えれば、決してイメージ通りの仕上がりとはなりません。

東京木工場は、木目や材質に合わせた木取りや加工、単板の木目合わせ、仕口、製作における刻みや組立方法、塗装での色合わせなど、各工程に関する深い知識を持った熟練の「匠」の集団です。

連載企画

木の可能性を探る

Vol.70

東京木工場の中に展示スペースを新設

2022年02月28日

Vol.70 東京木工場の中に展示スペースを新設

東京木工場第四工場の2階に、新たに「東京木工場が携わった仕事」の展示スペースを設けました。

優待品作成動画