Works

トップページWorks 松戸市立総合医療センター

松戸市立総合医療センター

本医療センターは高度急性期医療を提供し、地域の中核的な病院として第三次救急指定病院、災害拠点病院の役割を担っている。今回の新築移転において、様々な機能向上の中でも、小児周産期医療の充実は特に重要なテーマであった。 厳しい治療の子供の患者とその家族のつらさは想像を絶する。感染に特に弱い患者は、直接、家族と会うことさえ制限される。小児病棟は、患者とその家族が少しでも笑顔になれる空間づくりを目指し、いろいろな工夫を織り込んでいる。

竣工年
2017
主用途
病院
延床面積
47,020.72m2
構造/規模
RC造一部S造(RCSS構法)/地上10階

香月 孝一

伊藤 淳