Works

トップページWorksBAYZ TOWER & GARDEN

BAYZ TOWER & GARDEN

ベイズ タワー&ガーデンは、免制震複合システム「スイングセーバー」を初適用した超高層集合住宅である。
建物の中央ボイド部分に耐震構造のタワーパーキングを内包したコアを計画し、免震構造の住戸棟との間に制震部材を設置している。それにより住戸棟に作用する水平力を低減、建物外周部の梁成を585mmに抑えており、集合住宅で一般的にみられる窓際の下り天井が無い。
外観は線的な要素で構成し、高層でありながらも繊細な印象を目指した。インナーフレームタイプの超高層集合住宅でありながら、革新的な構造技術により「フラットな居室天井」「天井いっぱいまでの窓開口」「解放的で明るいバルコニー」を持つ住戸空間を実現し、居住性を大きく改善している。

竣工年
2016
主用途
集合住宅
延床面積
64,549.44m2
構造/規模
RC造一部S造(基礎免震構造)/地下1階・地上31階・塔屋1階

齋藤 宏一

中谷 豪