Works

トップページWorksSKYZ TOWER & GARDEN

SKYZ TOWER & GARDEN

都心でありながら、空が広がり緑豊かな湾岸エリアに位置する敷地の特徴を活かし、全方位に抜けた眺望と明るく開放的な居住空間、周囲の公園や護岸と一体となった親水の森を計画した。
トライスター型の平面形状により、住戸の南面性の最大化と、建物三方にまとまった空地の確保を実現した。トライスター型タワーはねじれやすいため、短い柱スパンとなることが多いが、「シミズトライスター型ハイブリッド免制震システム」の採用により、8mのワイドスパンとし、明るく開放的な眺望を持つ住宅を実現した。
建物を囲む親水広場の緑化計画に際しては、生態系調査を実施し、エリアにふさわしい木々や花々を選定した。また、東京都初の「SEGES-つくる緑」の認証を取得し、新豊洲エリアまちづくりの先駆的な役割を担い、東京湾岸の新たなランドマークとなっている。

竣工年
2015
主用途
集合住宅
延床面積
141,118.64m2
構造/規模
RC造(地下免震構造)/地下2階・地上44階・塔屋2階
受賞
  • 2015年度グッドデザイン賞

原田 洋

中村 徹