Works

トップページWorks東京大学(本郷)講堂改修工事

東京大学(本郷)講堂改修工事

安田講堂は、内田祥三、岸田日出刀らの設計、清水組(現清水建設)の施工で1925年に竣工した。今回の計画のさまざまな改修項目の中で、特に防災上重要な「講堂天井の耐震化とオリジナル意匠の保存」において、全面的に技術協力を行った。天井材を軽量化し鉄骨下地材に直付けにすることにより、元のデザインを保ったまま高い耐震性を持たせている。繊維補強石膏(GRG)とユニット化したトップライトの質量を統一することで、固有周期を整え、水平震度2.75Gの設計基準に対しても被害のない耐震性の高い天井を実現した。

竣工年
2014
主用途
大学講堂
延床面積
6,988.00m2
構造/規模
RC造一部S造/地下1階・地上5階・塔屋4階
受賞
  • 第26回BELCA賞ベストリフォーム部門
設計
東京大学キャンパス計画室(千葉学)・同施設部、香山壽夫建築研究所
構造
万建築設計事務所
設備
総合設備コンサルタント
施工
清水建設株式会社・株式会社関電工・日本装芸株式会社

櫻庭 記彦