Works

トップページWorks生長の家 原宿跡地計画

生長の家 原宿跡地計画

生長の家は、八ヶ岳にゼロエネルギービルをつくり本部を移転した。本計画は原宿の本部移転跡地を、森にする計画である。塔だけ残し、他はすべて解体し森にした。かつて「武蔵野」と呼ばれたこの土地本来の植生にもとづいた樹木や山野草を植え、数十年後に森を形成することを意図している。井戸水をビオトープに流し、ショウブやカキツバタを植え、野鳥やトンボなど多様な生物の集まる場所を設けた。回遊する歩道の道中には風景を切り取るフォリーを設けている。岸田日出刀設計の塔はゼロエネルギービルとして改修し、祈りと芸術展示の施設として生まれ変わった。
都心にありながら、季節ごとに移り変わる豊かな自然を感じることのできるこの森は、一般の方に開放されている。

竣工年
2014
主用途
展示施設・森
延床面積
1,296.47m2
構造/規模
RC造・木造/地下1階・地上5階

池内 匠

濱 久貴