閉じる
フォトギャラリー

プロジェクト概要

発注者
清水建設株式会社
工期
2021年4月~2022年10月(予定)
仕様
総トン数:約 28,000
推進システム:5,000馬力スラスター×3台
4,300馬力スラスター ×3台
ジャッキシステム:ラック&ピニオン形式(14,000t/脚)
メインクレーン:1,250t(伸長時:揚程158m)
2,500t(短縮時)
DPS(Dynamic Positioning System):位置保持システム搭載
住居区:最大 130 人宿泊可能
対応水深:10 ~45m(レグ長90m時)
10 ~65m(レグ長109m時)
  • 広島県のジャパン マリンユナイテッド(JMU)呉事業所で、超大型洋上風車の建設に対応できる世界最大級の搭載能力及びクレーン能力を備えた高効率の自航式SEP船(Self-Elevating Platform:自己昇降式作業船)を建造中です。
  • SEP船は、全幅50m、全長142m、総トン数約28,000t、クレーンの最大揚重能力は2,500t、最高揚重高さは158mで、世界有数の作業性能を備えています。水深10~65mの海域での作業に対応でき、作業時には4本の脚を海底に着床させ、船体をジャッキアップさせることで海面から切り離し、波浪に左右されない作業条件を確保することができます。
  • 今回の「the現場」では、船の約7割が完成し、進水を行うまでの主な様子を紹介します。
    なお、約50年前に行われたJMU呉事業所のドッグ改修工事では、当社が設計施工を担当しました。
ドック改修工事当時の銘板(左)

関連情報

SEP船について記事で紹介。
世界最大級・高効率の自航式SEP船を建造