閉じる
フォトギャラリー

プロジェクト概要

工事名称
航空機整備施設(那覇空港内)
発注者
沖縄県
所在地
那覇市字大嶺260番
設計・監理
株式会社梓設計・株式会社宮平設計・株式会社根路銘設計設計共同体
工期
2016年3月~2018年10月
構造・規模
鉄骨造 地上3階
建築面積:15,659m2
延床面積:17,784m2
  • 那覇空港内に、189mの間口を持つ航空機整備施設の格納庫棟が完成しました。 当該施設は沖縄県の施設であり、2018年11月に供用開始されました。国内初の航空機整備専門会社であるMRO Japan株式会社が入居し、2019年1月からの操業が予定されています。
  • 格納庫棟は、中央の柱を境に、大型ドック、小型ドックのスペースに分かれ、大型ドックは大型または中型機1機、小型ドックは小型機3機を格納可能。機体整備を行うほか、大型ドックのスペースでは特別塗装も行うことができます。
  • 当社は、格納庫建築のほか、土地の造成工事や建設会社として初めてとなる機体整備作業用の吊り足場の施工も担当しました。
  • 今回の「the現場」では、工事の最盛期からフィットチェック(実際に航空機を入れて設備位置などを調整する)までの様子を紹介します。