閉じる
フォトギャラリー

プロジェクト概要

発注者
国土交通省
所在地
群馬県吾妻郡
設計・監理
国土交通省 関東地方整備局
工期
[1期工事] 2014年8月~2018年10月
[2期工事] 2017年7月~2020年3月
構造・規模
重力式コンクリートダム
堤高:116.0m
堤頂長:290.8m
堤体積:100万㎥
総貯水量:1億750万㎥
  • 八ッ場ダムは、利根川水系吾妻川中流の急峻な地形に建設中の重力式コンクリートダムで、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道及び工業用水の新たな確保並びに発電を目的としています。
  • 当工事では堤体積約100万㎥にも及ぶ大規模なコンクリート打設を、巡航RCD工法を採用し高速で打設しています。巡航RCD工法は、打設速度の速い内部コンクリートを打設速度の遅い外部コンクリートよりも先行して打設することで、全体の打設速度を向上させる工法です。
  • コンクリートを連続的に大量搬送するため、18t固定ケーブルクレーン2基のほか、ダム左岸側の基礎岩盤の上に円管を沿わせ、管内で材料を回転させながら搬送するコンクリート連続搬送設備も採用しています。
  • 骨材の運搬には、骨材プラントからダムサイトまでの約10kmをつなぐ長距離ベルトコンベヤを使用。月間最大コンクリート打設量に応じた820t/hの輸送能力を備えており、日平均延べ220台のダンプの往来を省くことができます。
  • 今回の「the現場」では、急峻な地形での大規模な施工の様子や、ライトの光に照らされた幻想的な夜間の現場の様子を紹介します。

関連情報

当社のダム建設についてご紹介します。
土木の現場をカメラガールズが撮影。隠れた魅力を発見。