トップページ投資開発事業トピックス「清水建設不動産投資顧問株式会社」の設立について

「清水建設不動産投資顧問株式会社」の設立について

清水建設(株)<社長 井上和幸>は本日、不動産開発事業のさらなる拡大に向けて、100%出資の資産運用会社「清水建設不動産投資顧問株式会社」を設立しました。同社は今後、2022年秋に予定している私募リート(非上場オープン・エンド型不動産投資法人)の運用開始に向けて、各種許認可の取得手続き等を進めていきます。

当社は、中期経営計画<2019-2023>で掲げた非建設事業の強化方針に基づき、不動産開発事業のさらなる成長に向けた取り組みに注力しており、私募リートの組成を不動産ストックビジネスの拡充に向けた施策の一つに位置づけています。

当私募リートは、当社グループが開発・設計・施工を手掛けた環境性能とBCP機能を兼ね備えた賃貸オフィスの「アイマークビル」シリーズや賃貸物流施設「S.LOGi」シリーズを中心にポートフォリオを構築する予定です。運用物件のプロパティマネジメントやビルマネジメント等の施設運営サービスについても当社グループ会社が継続して手掛けることにより、長期安定的な物件価値の維持・向上を図ります。

また、私募リートへの物件売却によって得られた資金を新規開発物件に再投資し、社会に優良物件を供給することで、当社不動産開発事業の成長、グループ全体で取り組むストックビジネスのさらなる拡充につなげていく考えです。

当社は、これらの取り組みを通じて、投資家の皆様にESG投融資の機会を提供するとともに、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

【資産運用会社の概要】
商号 清水建設不動産投資顧問株式会社
所在地 東京都中央区京橋二丁目16番1号
設立 2021年8月5日
株主 清水建設株式会社(出資比率100%)
資本金 1億円
代表者 代表取締役 奈良 利秀
事業内容 私募リートの資産運用に係る業務等(予定)