東京木工場

木の魅力を伝えたい。
木工のスペシャリスト集団「東京木工場」

東京木工場

東京木工場木の魅力を伝えたい。
木工のスペシャリスト集団「東京木工場」

2018.1.12

歌舞伎座の檜舞台や東京大学大講堂(安田講堂)、経団連会館の国際会議場…。シミズは、大手建設会社の中で唯一、自社の木工場「東京木工場」を有し、高い技術力を必要とする木工事を数多く手掛けています。
1884年(明治17年)に開設され、130年以上の歴史を有する東京木工場は、木工事の設計から製作・施工までトータルで実施するとともに、近年では“木の魅力”を広く伝える活動にも力を入れています。

東京木工場長 井手勇人
東京木工場長 井手勇人

木の魅力と難しさ

東京木工場の工場長、井手勇人は「木工には、自然の素材ならではの魅力と難しさがある」と言います。例えば、上の写真、東京木工場応接室の壁。この模様は、合板に単板(厚さ0.25mmに薄く紙状にスライスした木材)を貼り付けてつくったものです。
木目調の壁をつくる場合、最近は木目プリントのシートを使うことも多いですが、プリントだとどうしても均一な木目になってしまいます。一方、自然の木材は年輪の模様が少しずつ変化していきます。この微妙な変化こそが本物の証。プリントでは出せない木の美しさとぬくもりが伝わってきます。

単板の束
単板の束

徐々に変化する木目を違和感なく張り付けるには、長い経験と知識が必要です。天気や温湿度、空調などの環境変化によって、反ったり延びたり縮んだりする天然木の性質を見極めながら貼り合わせていく、緻密な作業です。長い歴史の中で培った職人技をさらに磨き上げ、若手に継承していくこと。それも東京木工場の役割の一つだと考えています。

木材と環境保全

日本は世界有数の森林国。その豊富な森林資源を活用するためには、木材の積極的な利用が欠かせません。一般的に、木を伐採すると自然破壊につながるというイメージがありますが、それは誤解です。林業が縮小し、山や森が手入れされずに放置されると、深刻な問題を引き起こすのです。
成長しきった老木は光合成を行わず、二酸化炭素を吸収しません。そればかりか大きな葉や枝が日光を遮るため、土壌を保持するための下草や新しい木が育ちません。土砂崩れも発生しやすくなってしまいます。

間伐前
混みすぎてるので日の光が届かない。その結果、下草が成長しないため土砂崩れの発生確率が増加
間伐後
成長が止まった老木を適切に間伐し、二酸化炭素をたくさん吸って酸素を生成する若い木を育てることが必要

成長が止まった老木を適切に間伐し、二酸化炭素をたくさん吸って酸素を生成する若い木を育てること。次の世代に木材資源を残すためにはそれが欠かせません。「日本の山を活性化させたい」、そんな想いから、東京木工場では木の魅力を発信する活動を行っています。

木に親しんでもらうために

志津川中学校で開催された木工教室。若手職員が講師を務めた
志津川中学校で開催された木工教室。若手職員が講師を務めた

その一つが、木工教室の開催です。例えば2016年1月に宮城県南三陸町の志津川中学校で実施した教室では、生徒たちが、中学校裏の森にある杉の間伐から携わりました。切り出した材木を運搬し、製材所で乾燥して製材。木材ができる過程を体験した生徒たちは、講師を務めた東京木工場の若手職員の指導の下、真剣な表情で作品の制作に取り組みました。

また、2011年からは、東京木工場製品「Kino Style」が、清水建設の株主優待品として毎年贈呈されています。

2018年度株主優待品の干支柄コースター
2018年度株主優待品の干支柄コースター
置時計
置時計

新たな活動も模索

今後の取り組みとして、「特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会」が主催する「ウッドスタート」に参加する準備をしています。ウッドスタートは、子どもをはじめとするすべての人たちが、木の温もりを感じられる暮らしを目指すもの。2017年11月末現在、34の市町村、23の企業、14の保育園で展開中です。
東京木工場では、このウッドスタートの取り組みとして、自治体に出生届を出しに来た人に、お祝い品として木のおもちゃを贈る「誕生祝い品事業」を検討しています。

東京木工場が制作した赤ちゃん用のおもちゃ
東京木工場が制作した赤ちゃん用のおもちゃ

「四角の角材から円柱をつくり出すという工程なのですが、左右の円柱の中心軸がずれると赤ちゃんが喜ぶ動きになりません。
それぞれの過程の精度と、木の特徴を考慮しながら制作しています」と担当者は語ります。

より多くの人に、木に親しみ、その魅力を感じてもらうために、東京木工場では、今後もさまざまな活動を続けていきます。

記載している情報は、掲載日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。