シミズ・ボランティア・アカデミー

「シミズ・ボランティア
・アカデミー」を開催

シミズ・ボランティア・アカデミーは、インクルーシブな共生社会の実現に向けて
障がい者やパラリンピックスポーツを支援できるボランティアの養成に
寄与することを目的に
2015年11月に開設したもので、年に2回開催しています。
受講者からは「これを機に街で困っている人がいたら、まずは声を掛ける」
「東京2020パラリンピックが楽しみです。必ずボランティア
として参加します」
「今後、ダイバーシティを広げていくうえでも、
今日学んだ経験を活かしていきたい」などの感想が寄せられています。
2016年度からは、官民連携や産学連携で開催し、より多くの方々に
体験いただいています。

LECTURE

体験型講座の
講義

講師には、パラリンピアンを招き、パラリンピックスポーツの現場の実情やボランティアに求められる知識などを学ぶ基礎講座を行っています。

LECTURE 画像01

EXPERIENCE

介助方法を
実習する体験

基礎知識を学んだ後は、視覚障がい者の誘導方法や車椅子利用者の
介助方法を実習する体験型講座を行います。
実際にアイマスクをして誘導されたり、車椅子に座って介助されることで障がいのある方の気持ちを理解することができます。

EXPERIENCE 画像01

EXPERIENCE 画像02

EXPERIENCE 画像03

ページTOPへ戻る