monozukuri02-header-img
現場2現場で見るものづくり

石狩LNG基地No.3貯槽(土木)設置工事

札幌から北へ15km、日本海に面した石狩湾新港にある石狩LNG基地。
ここで、新たな地上LNG(液化天然ガス)タンクの設置工事に携わる社員たちは、
「クリーンエネルギーである天然ガスのさらなる安定供給」という使命感を胸に、
自然の厳しさと対峙しながら、日々の施工管理に奮闘しています。

1
工事概要
類:
PC(プレストレストコンクリート)LNGタンク
模:
LNG貯蔵量23万KL(国内最大級)
基礎杭 直径800mm、長さ51m、588本
基礎版 直径92.5m、厚さ1.3〜1.7m
防液堤 外径89.6m、高さ44.05m、厚さ0.7〜1.1m
期:
約4年半
地:
北海道石狩市新港中央

【1】完成予想パース。2018年10月完成予定

PAGETOP
マイページはこちら
MYPAGE
エントリーはこちら
ENTRY