ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2015年のページです。


ここから本文です。

連載企画

木の可能性を探る 2015年

毎回様々な視点から、建築における木材の魅力や可能性とともに、清水建設 東京木工場の業務や特徴を伝えていきます。

2015年11月1日、富山県富山市小羽の旧小羽小学校にて、今年で3回目となる木工教室を開催しました。

今年で4回目となる南三陸町ボランティア木工教室を開催し、南三陸町在住の小学生約100名が参加しました。

今年で9回目となる夏休み親子木工教室を開催しました。例年通り、当社社員の家族はもちろん、社外からも設計事務所やお客様の家族が多数参加し、計約60組が集まりました。

昨年に引き続き、株主優待品づくりを実施。今年は「鍋敷き」、「マグネット」、「トレイ」を用意しました。

2015年6月20日~21日、東京ビッグサイトで開催された、日本最大級のおもちゃの見本市「東京おもちゃショー2015」の「キッズライフゾーン」に出展し、木工教室やさまざま体験イベントを行いました。

2015年5月31日、東京・中央区保健所と同区あかつき公園で開催された、中央区『第12回エコまつり』に出展し、木工教室を行いました。

「東京おもちゃ美術館」の館長、多田千尋さんに、“木育”をキーワードとした具体的な取り組みや今後の展望について話を伺いました。

2014年9月から約3か月間、政府開発援助(ODA)事業の新興市場開拓人材育成支援事業制度を活用した研修生として、TNK社(ラオス人民民主共和国の木製家具製造会社)の工場長を務める社員1名に対し、研修を実施しました。

2014年12月11日から13日に東京ビッグサイトで行われた日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2014」に、4年連続で出展しました。


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る