ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2017年の中のVol.61 匠の技で市民の文化拠点を創出のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.61 匠の技で市民の文化拠点を創出

2017年3月22日

2016年7月、神奈川県中央部に位置する小田急電鉄および相模鉄道・大和駅の東側に、新たなまちのランドマークとなる「大和市文化創造拠点SiRiUS」が竣工しました。芸術文化ホール、屋内子ども広場、図書館、生涯学習センターが一体となった同施設は、市民生活を豊かにする文化拠点を目指してつくられました。

東京木工場は、芸術文化ホール(メインホール・サブホール)、屋内子ども広場、各棟の楽屋や洗面所などに対し、さまざまな木工事を担当しました。豊富な経験を持つ匠の技を活かし、木のぬくもりを感じる上質な空間をつくりだしています。

実際の施工では、前工程や他専門工事会社との兼ね合いもあり、工事にかけられる時間が非常に少なくなっていました。また、進行上、狭所や高所での作業が必要とされ、品質と安全を確保することも重要課題でした。そこで、作業の前に現場内にモックアップをつくり、あらかじめ手順や工法を確認したり、各専門工事会社としっかりとコミュニケーションをとり、危険の伴う作業を互いに確認しあいながら連携を図りました。そうすることで、工期内に無事故で工事を完了できました。

市の木「山ざくら」をイメージしたメインホール
腰壁のランダムリブ板が豊かな音響を生み出し、演劇から演奏会までさまざまな演目に対応しています

市の花「野菊」をイメージし、白を基調としたサブホール
全面フローリング貼りの客席床は可変式となっており、市民公演にも利用できます

メインホールにつながるホワイエ

各棟の楽屋、洗面所


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る