ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2016年の中のVol.47 森里海連環学の一環として南三陸町で木工教室を開催のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.47 森里海連環学の一環として南三陸町で木工教室を開催

2016年2月24日

2016年1月20日、宮城県南三陸町の志津川中学校にて、大正大学が開催する出前講座「森里海連環学」の授業の一環として、清水建設 東京木工場が木工教室を開催しました。参加したのは同中学校の中学1年生約70名で、本立てを製作しました。

森や木と木工製品のつながりを実体験すべく、今回は製作の材料に中学校裏の森にある杉を使用。木工教室の前に、生徒たちが直接、この杉の間伐作業を体験。その後、間伐した材木を馬搬(ばはん)で山から降ろし、地元の製材所で乾燥から製材までを行いました。木工教室の製作時間は2 時間、生徒たちは一生懸命、課題に取り組み、作品を完成させました。

今回参加した生徒たちの中には、東京木工場が2012年から毎年夏に行っている「南三陸町ボランティア木工教室」に参加していた生徒もおり、そのときに学んだことを覚えていました。2016年夏も、南三陸町で同木工教室を開催する予定です。


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る