ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2015年の中のVol.45 4年連続で南三陸町ボランティア木工教室を開催のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.45 4年連続で南三陸町ボランティア木工教室を開催

2015年10月23日

2015年8月20日、今年で4回目となる南三陸町ボランティア木工教室を開催し、南三陸町在住の小学生約100名が参加しました。

これまでの3年間、当社東北支店と協力してこのボランティアを続けていく中で、地域の方から「来年も木工教室を楽しみにしている」という声を数多くいただいてきました。そうした経緯を後押しするように、今回の木工教室は、南三陸町子ども会育成会連絡協議会の支援を得て、同協議会との共同開催となりました。

今年の課題は、高学年は間伐材を使った本立てと万能ラック、低学年は単板でつくるコースター。さらに低学年は、「未来のまちの姿を子どもたち自身がイメージする機会を設けたい」という東京木工場の想いを込めて、子どもたちが木の家でまちをつくる「エコタウンづくり」を行いました。
高学年は集中力が高く、東京木工場の職人によるアドバイスをきちんと理解して取り組んでいました。低学年は好きなように端材で家をつくり、オリジナリティあふれるまちができあがりました。

今回参加した子どもたちの多くが、昨年の木工教室の参加者。ボランティアとして手伝ってくれた地元の中学生や高校生の中には、小学生のときにこの木工教室に参加した人もいました。そうやって、ものづくりをきっかけに人の輪がつながっていくことを実感した今回の木工教室。来年以降も地域の皆さんと協力して、ボランティアを継続していきます。

説明の様子

ボランティアとして地元の中学生や高校生が手伝ってくれました

高学年製作の様子

低学年製作の様子

間伐材を使った本立て

木の家でまちをつくる「エコタウンづくり」


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る