ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2015年の中のVol.41 中央区『エコまつり』に出展、木工教室で地域と交流のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.41 中央区『エコまつり』に出展、木工教室で地域と交流

2015年6月18日

清水建設 東京木工場は、2015年5月31日、東京・中央区保健所と同区あかつき公園で開催された、中央区『第12回エコまつり』に出展し、木工教室を行いました。

昨年に引き続き2回目の参加となった今回は、ベニヤを組み合わせて作る家型の小物入れ「エコハウス」の製作と、鉋がけの無料体験を実施しました。エコハウスの製作では、約60名の子どもたちが参加。組み上がった家に、動物や花の形に切り抜いた単板(天然木などの木材を薄くスライスしたもの)を張り付け、オリジナリティ溢れる作品をつくりました。

また、鉋がけ体験では子どもからお年寄りまで約70名が参加し、こちらも大盛況。子どもたちからは「とっても楽しかった」「また来年も参加したい」という声が聞かれました。

こうしたイベントで、普段なかなか接することのない木工を体験することで、木の匂いや手触りを直接感じながら、ものづくりの楽しさを再発見してもらうのが、東京木工場の想い。今年もさまざまなイベントに出展し、木の魅力を伝える取り組みを行っていきます。

エコハウス製作

オリジナリティ溢れる小物入れが完成しました

大盛況の鉋がけ体験

子どもからお年寄りまで約70名が参加しました


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る