ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2015年の中のVol.39 海外製品の高品質化に向け、研修と技術指導を推進のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.39 海外製品の高品質化に向け、研修と技術指導を推進

2015年2月20日

清水建設 東京木工場では、2014年9月から約3か月間、政府開発援助(ODA)事業の新興市場開拓人材育成支援事業制度を活用した研修生として、TNK社(ラオス人民民主共和国の木製家具製造会社)の工場長を務める社員1名に対し、研修を実施しました。

東京木工場が外国人研修生を受け入れるのは今回が初めて。木の加工から家具や建具の製作に関して、研修生が既に習得している技術の確認と、さらなる技能向上を目指し、実務を通じた指導を行いました。

今後は当社の協力工場として、TNK社工場において東京木工場が「GLOBAL調達」として取り扱う木工製品を製作していく予定です。これを受けて、2015年1月8日から16日に2人、2月2日から6日に3人と、東京木工場の社員がラオスに赴き、同社工場にて技術指導も行いました。

こうした技術移転は、ラオスの産業発展や同国内での木工技術の向上と継承につながることが期待されます。東京木工場では、海外製の木工製品の高品質化とスピーディーな生産に向け、今後も海外の協力工場に対する技術指導と品質管理を推進していきます。

朝礼風景

作業風景(検品作業)

機械メンテナンス指導

工場内刃物保管室


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る