ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2014年の中のVol.35 夏休み親子木工教室史上、最も暑い1日を楽しく満喫のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.35 夏休み親子木工教室史上、最も暑い1日を楽しく満喫

2014年10月3日

今年で8回目を迎えた東京木工場の夏休み親子木工教室。開催日となった2014年7月26日は、これまでの同木工教室の中で、最も暑い1日となりましたが、親子で一緒に汗をかきながら、ものづくりを存分に楽しみました。

今回参加したのは、当社社員や社外の関係者の家族、計約70組。製作課題は、例年と同じく、本立て、物入れ、ファイルフォルダー、飾り台の4種類。好きなものを1つ選んで、製作がスタートしました。途中でつくり方がわからなくなっても、作業を少し間違えても大丈夫。1組に1人、東京木工場の職人がアドバイザーとしてつき、所々で道具の使い方や手順を伝えていきます。製作中、修正が必要となってしまい、職人たちが作業を手伝う場面もありました。子どもたちは、その手際の良さに目を丸くしながらも、たった今、目の前で見た職人の技を真似ようと、その後も懸命に製作に取り組んでいました。

製作の途中、子どもたちは休憩がてら、東京木工場が用意した屋台のかき氷やフランクフルトをおいしそうに食べていました。一方で、子どもよりも大人のほうが製作に夢中になってしまう家族の姿も見られました。ものづくりの楽しさや達成感を家族で共有してもらうこと、子どもたちに木の色や香り、手触りなど直接感じてもらい、木に親しみを持ってもらうことが木工教室の一番の目的。東京木工場では今後も、こうした“木育”を続けていきます。

開会式

製作担当者によるデモンストレーション

休憩タイム

完成品

木製の魚釣り

閉会式。表彰式が行われました。


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る