ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2012年の中のVol.17 木の温もりとつくる楽しさを東北の子どもたちへのページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.17 木の温もりとつくる楽しさを東北の子どもたちへ

2012年10月1日

清水建設 東京木工場では、2012年8月23日に、宮城県本吉郡南三陸町にある志津川小学校の体育館で、「夏休みこども木工教室」を開催しました。町内の5校から小学生98人が参加し、木のものづくりを楽しみました。

東京木工場の社員たちの念願かなっての木工教室

東京木工場では、被災地の子どもたちに、木の温もりや木工の楽しさ、自らつくりあげる喜びを伝えたいと、かねてより考えていました。そこで、南三陸町で当社が災害廃棄物処理を担当していることから、今回のボランティア企画を、教育委員会と同町の学校長会に提案。それが受け入れられ、念願かなっての開催が実現しました。

当日の木工教室では、低学年(1~3年生)向けとして、キーホルダーやコースター、まな板を、高学年(4~6年生)向けとして、本棚やファイルホルダー、物入れの材料をそれぞれ用意。その中から、子どもたちがつくりたいものを選んで製作しました。

一緒に楽しむという気持ちを通い合わせて

低学年の製作風景。東京木工場の社員たちは、当社のボランティア休暇を取得して、木工教室の開催と子どもたちの指導にあたりました

東京木工場の社員たちは、子どもたちに工作の手順と道具の使い方を説明し、適宜アドバイスしながら、子どもたちの様子を見守りました。また、高学年向けの作業では、ノコギリやカナヅチを使うため、社員が道具の使い方を目の前で実践。子どもたちは真剣な眼差しでその様子を見つめていました。

試行錯誤しながらも、工作に懸命に取り組み、そして、つくりあげた作品を笑顔いっぱいで手にする子どもたち。その姿はとてもほほえましいものでした。社員自らも“一緒に楽しむ”という気持ちで臨んだ今回の木工教室。木のものづくりという同じ目的と作業を通じて、ともに過ごせた時間は、社員たちにとって貴重な経験となりました。また、子どもたちにとっても、夏休みの思い出の1ページとして、長く記憶にとどめてもらえると幸いです。

高学年の製作風景

工場長自らが製作指導中


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る