ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2012年の中のVol.14 清水建設 新本社建設の要所で匠の技を発揮のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.14 清水建設 新本社建設の要所で匠の技を発揮

2012年6月25日

2012年5月25日、東京・京橋に、清水建設新本社ビルが竣工しました。東京木工場では、その建設において匠の技と経験を活かし、家具や建具などの製作をはじめ、様々な木工事を行いました。 中でも、特に苦心し、職人一丸となってつくりあげたのが、コンクリート打設用の木製型枠でした。

寸分違わぬ精度で杉板のコンクリート型枠を製作

新本社の低層部、外部から見えるコンクリートの柱表面やエントランス内の壁には、精巧な木目模様が映し出されています。これは、杉板を用いた型枠にコンクリートを打設し、杉の木目をコンクリートに転写させたもの。
杉板は、木目が正確に転写するよう、表面に浮造り仕上※1を施し、その板を本実加工※2としてパネル加工の後に、型枠に組み上げていきました。一連の工程は、新本社建設における木工事の中でも最も気を使う作業でしたが、東京木工場の職人の手仕事により、寸分違わぬ精度で完遂することができました。

※1 浮造り(うづくり)仕上:木目の柔らかい部分(夏目)を削ることで、固い部分(冬目)を浮き出させ、ツヤを出す仕上げ方法。表面の木目の模様が際立つ。連載企画Vol.3でも紹介しています。

※2 本実(ほんざね)加工:板の側面側などに凸型と凹型の加工を施し、2つの木材を結合すること。今回は5mmの凸凹を設けて木材同士を結合。

製作風景

写真をクリックすると拡大し、写真の右側を押すと次の写真が見られます。

  1. 1.工場内の様子。形や大きさ、模様のパターンの異なる型枠パネル700枚を全て製作

  2. 2.型枠に使用した杉板材。側面に凹凸の本実加工が施されている

  3. 3.加工材約2万枚を1枚1枚検品し、抜け節がある場合は同じ杉材で穴を埋めたり、ヒビにはやすりをかけるなど、丁寧に仕上げる

  4. 4.本実の杉板を、寸分の誤差もないように下地パネルに貼付けていく

  5. 5.高さの違う杉板を交互にぴったりと結合し完成

  6. 6.現場に搬入された1階の柱の型枠。5×2.3mのパネルを建て込み中

  7. 7.鉄筋に触れて傷がつかないように、慎重に杉板パネルの建て込みを行う

  8. 8.杉板パネルに囲われた鉄筋にコンクリートを流し込む

  9. 9.乾燥後、丁寧に杉板パネルをはがす

  10. 10.コンクリート打設が完了!美しい木目が転写されている


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る