ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2012年の中のVol.12 安全と品質向上を祈念する伝統儀式を永く伝えるのページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.12 安全と品質向上を祈念する伝統儀式を永く伝える

2012年3月5日

昭和45年検尺式の様子

清水建設 東京木工場では、毎年1月4日、新年拝賀式において、協力業者の会である清木会とともに、東京木工場の伝統的な儀式「検尺式」を行っています。

検尺式は検尺の儀とも呼ばれ、一年の初めに検尺棒※1をつくり、祀ることで、その年の安全と品質向上を祈念するもの。40年以上前には、東京木工場の裏手にある川から原木を引き上げ、製材機を始動し、検尺棒をつくっていました。

この儀式は、長い年月を経て少しずつ簡略化されていきました。東京木工場では、昭和44年以降は予め製材された検尺棒を使い、神事化に近づけて式典の形式をとるようになりました。現在の検尺式では、検尺棒(桧材)に鉋仕上げと墨掛け※2を行い、最後に水引を掛け、末広(扇)を取り付けて、検尺棒を祀ります。

東京木工場では匠の技の継承に加え、こうした伝統的な儀式を通して、匠の心を未来へ伝えていくこともまた、大切な使命のひとつと位置づけています。

※1 検尺棒とは、材料の長さや掘削孔などの深さを確認、測定するための道具

※2 墨掛けとは、墨つぼや墨さしを用いて、木材などに線を引いたり、印などをつけること

2012年1月4日の拝賀式

鉋掛け

  • 墨掛け

  • 水引掛け(末広取り付け)

  • 検尺棒

検尺式で使用した道具

① 差し金/ L字型の物差し。直角に線を引く道具。
② 墨さし/墨つぼから墨を取り木材に印や文字を書く道具。
③ 墨つぼ/つぼの部分に墨を含んだ綿が入っており、車に巻かれた糸を張って弾くことで材に真っ直ぐな線を打つ道具。


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る