ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2012年の中のVol.11 食の空間デザインと木工職人の技がコラボレートのページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.11 食の空間デザインと木工職人の技がコラボレート

2012年2月13日


stream DEW2011の様子

2011年12月15日から21日、清水建設 東京木工場にて、当社が設計した建物のスケッチや模型などを公開する建築作品展「stream DEW2011」を開催しました。あわせて同作品展では、社内設計コンペの公開2次審査会が実施され、その作品の製作に東京木工場が協力しました。

※本記事の詳細は「清水建設ホームページ・イベント報告」をご覧ください。

社内設計コンペのテーマ「A place to eat」の作品を東京木工場で製作

今回の社内設計コンペのテーマは、「A place to eat」。木材利用の可能性の拡大を目的に、食のための空間づくりにおいて、本社や各支店の設計部などがアイデアを提案、競い合いました。2次審査に臨んだのは、1次審査で選出された7チームの作品。その実製作では、当社建築家のデザインと、東京木工場の職人たちの技がコラボレートしています。

写真をクリックすると拡大し、写真の右側を押すと次の写真が見られます。

  • 「A place to eat」公開2次審査会の様子

    会場を埋め尽くすほどの来場者で、大盛況となりました。また、たくさんの学生も来場し、社内外に広くPRすることができました。

  • [2次審査最優秀賞]
    COCOON(教育文化施設設計部)
    ひとつの大きなテーブル(名古屋支店設計部)

    天井面に光を透過する単板シートを採用し、木材を透過した柔らかい光の空間を作り出しました。テーブルは杉の100角の間伐材にNCルーターでくぼみ加工を数か所行い、大きな1枚のお皿に見たてました。

  • 円~縁~(東北支店設計部)

    集成材でお椀型ワッフル構造を設けることにより、どこに座っても揺れるベンチを製作。最終的な揺れ具合を職人の鉋で調整しました。

  • 人が集まった時に使いやすいハスの葉型
    (広島支店設計部)

    異なるサイズの蓮の葉型の板をシナ合板で製作。設置レベルの組合わせで楽しくなる場所づくりを提案しました。

  • ゆらぎオーロラ(デザインセンター)

    単板を型に入れて積層して固めることにより捻じれたルーバーを製作。変色するLED照明により木製オーロラを表現しました。

  • BLIND RESTAURANT(九州支店設計部)

    竹を黒く塗装して吊るすことにより、備長炭に囲まれた暗闇の空間を製作。床に間伐材の輪切りを敷き詰めるなど、五感を刺激する仕上がりとなりました。

  • 森の特等席(業務施設設計部)

    森の木々の中を抜けていく階段をイメージして製作。塩ビの薄板を森に見たてて配置し、その中に赤松集成材の空中階段が通っていきます。

  • 自分の椅子と誰かのテーブル
    (プロジェクト設計部1部)

    誰かの椅子についているテーブルで食事をすることで、コミュニケーションが生まれる。スプルス集成材の厚い甲板と、体にフィットする椅子の形状をNC加工にて製作しました。


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る