ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。

清水建設株式会社 東京木工場


このページは、トップページの中の連載企画の中の2011年の中のVol.6 東京木工場ブランド『kino style』誕生のページです。


ここから本文です。

木の可能性を探る

Vol.6 東京木工場ブランド『kino style』誕生

2011年7月28日

このたび、清水建設 東京木工場では、一般向けに新たに展開する木工製品ブランド、『kino style』を立ち上げました。「木のある生活スタイル」、「新しい木製品のスタイル」をコンセプトに、伝統的でありながらも、モダンな“木の手づくり”作品をシリーズ化したいと考えています。

第一弾として、株主優待品を製作

kino styleの作品第一弾として製作したのが、今年の株主優待品です。40,000人を超える株主の皆様に対し、ご所有株数に応じた3つの製品を企画。製品すべてを東京木工場で製作し、職人の手によって丁寧に仕上げました。

kino styleでは、今後も、120年以上の歴史を持つ東京木工場で受け継がれてきた「匠の技」を用い、木の持つ可能性をさまざまかたちで表現していきます。毎日、ふと木の温かみを感じられる、生活により身近なものづくりを目指し、オフィス机の片隅やご家庭などに置いていただけるような木工製品をつくっていきます。

CUBE型キッチンフック

(2011年3月31日現在、ご所有株数1,000株以上5,000株未満の株主様)

冷蔵庫などのキッチン周りや玄関などで使える、マグネット付き木製フック。キッチン小物や靴べらなどをかけられ、整理整頓に便利です。

CUBE型鉛筆削り

(2011年3月31日現在、ご所有株数5,000株以上10,000株未満の株主様)

木のぬくもりが感じられる鉛筆削りです。同じ木製品である鉛筆を、皆様にもっと使ってほしいという想いから企画しました。

ブックエンド・CUBE型写真立て

(2011年3月31日現在、ご所有株数10,000株以上の株主様)

一見すると、ただの木の塊ですが、取り外すとブックエンドに早変わりします。留め具に用いるCUBEは写真立てとして使えます。

写真ギャラリー【株主優待品の製作風景】

写真をクリックすると拡大し、写真の右側を押すと次の写真が見られます。


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る