トップページ投資開発事業トピックス「S・LOGI新座 West」が竣工

「S・LOGI新座 West」が竣工

清水建設㈱が埼玉県新座市において開発を進めている大規模物流施設「S・LOGI新座」の主要施設、マルチテナント型のS・LOGI新座West(延床132,036㎡)が竣工し、9月1日からテナントの入居が始まります。

建設地は、新座都市計画事業大和田二・三丁目地区土地区画整理事業区域内(3棟合計約90,000㎡)に位置します。都心からわずか25㎞で、関越自動車道所沢ICまで約2km、外環自動車道和光ICまで約7km、JR武蔵野線新座駅及びJR貨物新座ターミナルから約1kmと、首都圏向けの物流施設として最適な立地と言えます。一方、施設面では、幅広いテナントニーズに対応した倉庫空間の有効高さや床耐荷重、BCP対応、アメニティ空間等がテナントから評価されています。また、物流施設として初めて「いきもの共生事業所(ABINC)」の認証を取得しており、当社の環境への取り組みが評価され「ZEB Ready」を取得予定です。このため、全16賃貸区画のうち、12区画について既にテナント3社との賃貸借契約を締結しており、残り4区画についても、複数テナントから引き合いがある状況です。

【プロジェクト概要】テナント募集区画はこちら(2019年12月現在)
所在地 埼玉県新座市
敷地面積 約89,266m2
延床面積 約132,036m2
用途 物流倉庫
構造・規模 RC造、S造/地上4階
竣工 2019年8月