シミズ・オープン・アカデミー 開講10周年記念セミナー

ものづくりの現場から ~国立代々木競技場第一体育館~

この度、シミズ・オープン・アカデミー 開講10周年記念セミナー「ものづくりの現場から~国立代々木競技場第一体育館~」を開催いたします。

シミズ・オープン・アカデミーは、青少年や一般の皆さまに、ものづくりの楽しさや建設の奥深さを知っていただきたいとの思いから、2008年9月に開講し、今年で10周年を迎えました。数あるプログラムの中で、毎回、好評を博しているのが、実際の現場に携わった担当者が、ものづくりの醍醐味について語るセミナー「ものづくりの現場から」です。

今回は開講10周年を記念して、日本を代表する建築構造家・川口衞先生を特別講師にお招きしました。「構造設計の根幹を考える ~代々木競技場を例として~」と題して、川口先生が構造設計を担当された「国立代々木競技場第一体育館」建設当時のエピソードや、構造設計の本質についてご講演いただきます。あわせて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて進められている、国立代々木競技場耐震改修工事について、工事担当者よりご紹介いたします。

日時 2018年10月12日(金) 14:00~16:00
(13:30受付開始)
会場 清水建設株式会社 本社内 シミズホール
東京都中央区京橋2丁目16番1号(案内図
定員 120名(参加費無料)
プログラム
(予定)
  • ご挨拶
    (清水建設株式会社 代表取締役会長 宮本洋一)
  • 国立代々木競技場第一体育館 施工記録映像 上映
  • 構造設計の根幹を考える ~代々木競技場を例として~
    (川口衞構造設計事務所 主宰 川口衞)
  • 国立代々木競技場耐震改修工事 概要
    (清水建設株式会社 東京支店 毛利元康)

※ お申し込みは終了しました

関連情報

ニュースリリース

おすすめコンテンツ