本文へ

シンガポール初の陽子線治療施設を備えた大規模病院を受注

~シンガポール国立がんセンター~

  • グローバル
  • 建築技術

2017.07.05

清水建設(株)<社長 井上和幸>はこのほど、シンガポール初の陽子線治療施設を備えた大規模病院「シンガポール国立がんセンター」の建設工事を同国保健省より受注、同時に同国南部のオートラムロードにおいて着工しました。受注金額は約310億円です。同省からの大規模病院の受注は、ナショナルハートセンター、イーシュンコミュニティ病院、チャンギ総合病院メディカルセンターに続き4棟目となります。

シンガポール国立がんセンターは、地上24階、地下4階、延床面積92,043m2の大規模病院です。地下2~4階を陽子線治療施設とし、厚さ2.5mのコンクリートで遮蔽することが大きな特徴です。契約工期は37か月で、2020年の5月末の竣工を目指します。

この病院の発注にあたり、シンガポール保健省はECI(Early Contractor Involvement)方式を採用しました。まず、同省は昨年8月に大規模病院の施工実績が豊富な日韓仏の5社を対象に入札方式に関する説明会を開催。その後、9月と11月に5社との間で個別に提案内容と見積金額に関する交渉を実施。各社は交渉結果を踏まえて12月に最終の提案書と入札額を同省に提示しました。その後、審査を経て、このほど、当社の受注が決定しました。技術評価では、日本国内における当社の陽子線治療施設の施工実績、その施工担当者を監理技術者として現場に常駐させること、陽子線治療施設を含む施工計画などが高く評価されました。

高齢化が進むシンガポールでは、総合病院をはじめとする医療関連施設に対する需要が旺盛で、各所で建設計画が相次いでいます。当社は引き続き、医療関連施設の提案活動を展開し、建設工事の受注を推進します。

以上

≪参 考≫

シンガポール国立がんセンターの工事概要

工事名 National Cancer Centre
発注者 Ministry of Health
設計者 意匠‐CIAP、内装‐Kehler State、設備‐Aecom、構造‐Arup
施工者 清水建設(株)
規  模 敷地面積8,405m2、建築面積92,043m2、地上24階、地下4階
工  期 着工から37月
建設地 LOT 00467K TS 22 at Outram Medical Campus 20 Outram Road
(Bukit Merah Planning Area)
完成予想パース

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。