ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。



このページは、実績・技術ソリューショントップの中の実績紹介の中のレジャー・スポーツ施設の中の金沢市城北市民運動公園屋内プールのページです。


ここから本文です。

金沢市城北市民運動公園屋内プール

施工担当者から

金沢市城北市民運動公園内の屋内プールが完成しました。特徴的な屋根のデザインは、市内の卯辰山をイメージしています。外装パネルには地元の間伐材と細枠のフレームを用いることで意匠性を高め、パネルを着脱可能にすることで高いメンテナンス性も実現しています。

本工事で最も尽力したのは、屋根トラス鉄骨の建方です。工期を厳守するために3日サイクルの工程を計画し、完遂しました。

工事関係者の皆さまとの「一期一会」の積み重ねでつくり上げたこの施設が、金沢市を世界に発信するきっかけとなることを願っています。

工事長

近藤 秀之

発注者 金沢市
設計・監理 株式会社梓設計
工期 2014年8月〜2016年8月
構造・規模 SRC造、S造 B1-3F
延床面積 14,148m2
所在地 石川県金沢市

地元産の間伐材を使用した外装パネル。
着脱可能な構造としメンテナンス性を向上させた

日本水泳連盟国際公認のメインプール。
コース中央に可動壁があり短水路(25m)としても使用できる


飛び込みプール。作業効率化のため、飛び込み台躯体は屋根工事に先行して構築した

25mサブプール


屋根トラス鉄骨建方の様子。移動式ステージ足場を採用し、作業の効率化を図った

 

 





ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る