ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。




このページは、サイト トップの中の技術ソリューションの中のフェントン処理(原位置化学的酸化処理)  のページです。


ここから本文です。

フェントン処理(原位置化学的酸化処理) 

フェントン処理は、揮発性有機化合物(VOC)や油で高濃度に汚染された土壌・地下水に対し、フェントン試薬(過酸化水素と鉄イオン)を帯水層に注入し、フェントン反応によって生成したヒドロキシルラジカルの酸化力により、分解する浄化処理法です。原位置(非開削)で、装置が簡易なため、低コストかつ短期間に浄化処理が可能です。また、シルト率の高い土壌に対しては、攪拌法が適用可能です。

概要

フェントン反応の概要

実績・実例

  • S社工場跡地売却に伴う土壌修復工事(2ヵ所)
  • P社工場(操業中)土壌修復工事
  • K社工場(操業中)土壌修復工事


ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る