ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。



このページは、トップページの中のニュースリリースの中の1999年のページです。


ここから本文です。

ニュースリリース 1999年

ニュースリリースに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。

12月

12月24日
大口径トンネル向け「SFRC−ECL工法」の実大実験を実施
〜覆工体を構築する鋼繊維補強コンクリートの構造安全性を実証〜
12月21日
「シミズHRC構造システム」が日本建築センターの一般評価を取得
〜高層RC造建物の個別評価が免除され、建築確認申請までの期間を最大3ヶ月短縮〜
12月14日
「しみず生態系読本」と「改訂 しみず環境読本」を発行
〜環境問題に対する従業員の啓発を促進〜

11月

11月9日
「土木の日」の関連行事として、江東区の小学生142人を当社技術研究所に招待
〜豊洲小の5年生と越中島小の6年生が、土木のすばらしさを体験〜
11月4日
阪神・トルコ・台湾の3大直下型地震を技術研究所の三次元振動台で再現
〜居室から家具等までの3次元的な動きを観察し、今後の技術開発に活用〜
11月2日
高層系建物のコア壁に制震機能を持たせた新しい架構方式「制震コアシステム」を開発・実用化
〜耐震性能を高めるとともに、計画の自由度が高くて広い室内空間を実現〜

10月

10月29日
歴史的価値を損なわずレンガ造建造物を移築・復原できる新構法を開発
〜大正の名建築であるレンガ造歴史的建造物「誠之堂」の移築・復原が終了〜
10月29日
顧客の不動産運用のキャッシュフロー向上を支援
〜プロポーザル本部に「プロパティマネジメント事業推進室」を設置〜
10月27日
オフィス、学校、マンションなどの建物用途別に最適なインターネット・サービスを経済的に提供
〜日商岩井、日本ビジネスコンピューター、日本ヒューレットパッカード、横河 ディジタルコンピュータ、ノーテルネットワークスとのコンソーシアムで建物用 途別のパッケージ商品「@pack(アットパック)」を外販〜
10月4日
新ショッピング・アミューズメント『横浜ジャックモール』が10月14日オープン
〜国内外の大型専門店8店が集積、MM21地区高島エリアを活性化〜
10月4日
地球環境対策推進全国大会「第8回グリーンデイ」を開催
〜地球環境問題に対する全社的な取り組みを促進、従業員の意識を高揚〜

9月

9月30日
超高強度コンクリートを高さ90mの高所で打設
〜磯子火力発電所RC造タワー型ボイラ建屋〜
9月29日
DPLEX(デュープレックス)シールドでは最大径のシールドマシンが
伊丹市発注の雨水貯留管建設工事で発進

〜強固な礫質土をカッタービットの交換なしで1,150m掘進〜
9月28日
最終処分場の遮水層を経済的に効率よく構築できる「SEAL(シール)工法」を開発・実用化
〜ベントナイト原砿(げんこう)を活用した粘土層と遮水シートで、最新の構造基準に対応した高い遮水性能を実現〜
9月2日
工業団地の調整池にビオトープを創出し、地域生態系を保全
〜絶滅危惧種の湿生植物・タコノアシが、一面に繁茂〜

8月

8月31日
清水地球環境報告書(1999年版)」を発行
8月31日
(財)日本建築防災協会から相次いで技術評価を取得
〜居ながら耐震補強工法の「かみ合わせ鋼板巻き工法」と「シミズCSB工法」〜

7月

7月6日
空調ランニングコストを40%、空調ライフサイクルコストを30%削減
〜優れた経済性、省エネ性、快適性を兼ね備えた「TRIMAX(トリマックス)蓄熱空調システム」を開発〜
7月2日
シミュレーションシステム「GEM-21(ジェム-21)」を開発・実用化
〜基本設計段階で、建物のライフサイクルCO2をきめこまかく算出・評価〜
7月1日
事業計画地の自然環境を短期間で評価できるシステム「EcoPlas(エコプラス)」を開発・実用化
〜地域生態系に配慮した土地利用計画づくりを支援、コンサルティングビジネスも展開〜

6月

6月30日
超低空間向けの鋼管杭の施工機械「小型アルファシステム機」が威力を発揮
〜高さ3.5mという超低空間で鋼管杭を施工〜
6月25日
「光ファイバ加速度センサー」を、東京測振と共同開発
〜超高層ビル・橋梁からガス管まで、非破壊調査で健全性をチェック〜
6月23日
鉄筋などの長尺資材の揚重器具「クルット(通称)」を、キトーと商品化
〜地下作業階への搬入作業を大幅に効率化〜
6月14日
大規模石炭サイロの測量作業を高精度化・省力化
〜施工精度が高いサイロ壁体が完成〜
6月10日
平成11年度安全衛生推進大会を開催
〜「本音で計画、本気で実施 ルールを守って無災害〜
6月3日
高性能、低コストな粘性系制震装置「粘弾性ブレースダンパー」を開発・実用化
〜従来の粘性系制震装置に比べて、コストを約半分に削減〜

5月

5月20日
「携帯電話・PHS通信制御システム」で受発信を自由にコントロール
〜劇場やコンサートホールで威力を発揮〜

4月

4月15日
建設ICカードを使った施工管理情報システム「モーニングインICカード」を開発・実用化
〜大規模な建設工事で効率的に労務と安全を管理〜
4月8日
「加圧防煙システム」を中心とした最新の防災システムを大規模商業施設に適用
〜火災時の避難安全性が向上、有効活用面積が拡大、売り場レイアウトの自由度が向上〜
4月1日
平成11年度入社式社長挨拶
〜あたりまえのことを全員がきちんと、徹底して実行〜

3月

3月30日
建築・土木の事業活動に関わる全部門が一括した1つの単位として、ISO14001の認証を取得
〜今後一般社会と顧客のニーズに応じた環境保全行動をより一層積極的に展開〜
3月16日
千葉県船橋市発注の下水道工事で小口径の親子シールド機が発進
〜外径3.272mmの親機と外径2.672mmの子機が口径の異なるトンネルを連続掘削〜
3月11日
造成工事に最適な「伐採材リサイクル法面緑化工法」を開発・実用化
〜根株や枝葉などの伐採材を法面緑化の植生基盤としてリサイクル〜
3月10日
新構造設計統合システム「SPARKII(スパークツー)」を開発・実用化
〜超高層ビルや免・制震ビルなどの構造設計期間を最大1/2に短縮〜

2月

2月24日
インターネット上で、医療施設事業の模擬コンサルを気軽に体験
〜「医療施設事業コンサル体験」のホームページを開設〜
2月23日
土木部門の生産性向上事例報告会議「第7回パワーアップフェア」を開催
〜生産性の向上および技術のスパイラルアップが目的〜
2月19日
テレビ電波を吸収するプレキャストカーテンウォールを開発・実用化
〜VHF対応とUHF対応の2種類を用意〜
2月5日
新型のECL工法「SR−ECL工法」を開発
〜地下水圧が高い未固結地盤で鉄筋コンクリート製の覆工体を効率良く構築〜

1月

1月22日
未利用エネルギーを活用した地域冷暖房施設の提案活動を開始
〜「プラント最適計画システム」を用いて、省エネルギー効果など優れた最適な施設計画を積極的に提案〜
1月18日
社内専門技術者向けに、「地震応答モニタリングシステム」を開発・実用化
〜地震発生後、瞬時に建物の地震時挙動に関する高度な情報を提供〜
1月13日
鉄骨造建物の耐震性能を向上させる「サイドプレート工法」を開発
〜梁端部に集中する地震時の変形を分散・コントロール〜
1月4日
社長新年挨拶
〜バブルの清算終了、CS(顧客満足度)高め、受注拡大〜

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る