ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。



このページは、トップページの中の企業情報の中の会社沿革のページです。


ここから本文です。

会社沿革

道程

シミズは、わが国の近代化とともに歩んできました。

シミズの創業は1804年。
越中富山の大工であった初代清水喜助が江戸神田鍛冶町で開業したことに始まります。
やがて清水屋の屋号で店を構え、1838年には江戸城西の丸造営に参加、社会的な信用を高めます。
さらに1859年の開港にあわせて横浜に進出し、先進の洋風建築技術を習得しました。

二代喜助は東京でわが国初の本格的洋風ホテル「築地ホテル館」をはじめ、第一国立銀行など多くの擬洋風建築を設計施工で手掛けます。
その後、清水屋は清水組となり、仕事の範囲を日本各地に広げ、わが国の近代化の進展とともに、信頼と実績を積み重ねていきます。
初代、二代喜助の旺盛なチャレンジ精神は脈々と受け継がれ、シミズは、多くの「日本初」の建設に携わってきました。
また建設業界でいち早く設計組織や研究所を設けるなど、経営面でも常に時代の先がけとなりました。

そして今、3世紀目を迎えたシミズ。その舞台は世界へ、また新たな未来へと広がっています。

年表

1804年

初代清水喜助 江戸神田鍛冶町で創業

1838年 江戸城西の丸造営に参加
1859年

開港場横浜に進出 洋風建築技術を修得

1868年 わが国初の本格的洋風ホテル 築地ホテル館竣工
1872年 わが国の銀行第一号 三井組ハウス(第一国立銀行)竣工
1874年 為替バンク三井組竣工
1887年 澁澤榮一を相談役に迎える
1891年 設計部の前身である製図場を設置
1910年 日本初の本格的鉄骨造建築日本橋丸善本店ビルを施工
1915年 個人営業を改めて合資会社清水組に改組
1917年 横浜市開港記念会館竣工
1920年 日本工業倶楽部会館竣工
1937年 株式会社清水組設立
1944年 設計部内に研究課(現:技術研究所)を設立
1948年 清水建設株式会社に社名変更
1951年 歌舞伎座改修
1957年 日本初の日本原子力研究所原子炉第一号炉施工
1962年 東京証券取引所市場第1部に上場
1964年 東京オリンピック国立屋内総合競技場竣工
東海道新幹線静岡駅高架橋竣工
日本初の商業用原子力発電所 日本原子力発電所東海発電所を施工
1966年 経団連会館竣工
1970年 日本初の地下式LNG貯蔵タンクを施工
1972年 東京都江東区に技術研究所完成
1973年 コンスツルトーラ・シミズ・ド・ブラジル社設立
これより本格的な海外での事業展開開始
1980年 大容量LNG地下式貯槽の開発・実用化
(内閣総理大臣賞・日本産業技術大賞を受賞)
奈良東大寺大仏殿昭和大修理完成
1982年 日本初のロックオイルタンク竣工
1989年 千葉市幕張新都心に幕張メッセ完成
1991年 シーバンスへ本社移転
1995年 戦前の名建築を再生したDNタワー21(第一・農中ビル)竣工
1997年 東京湾アクアライン開通 トンネル部、海ほたるなどを施工
国内でISO9001の認証取得
1998年 国内最先端のサイバー実験棟を技術研究所に新設
1999年 国内でISO14001の認証取得
日本初のPFI事業を受注(東京都水道局金町浄水場 常用発電事業)
2001年 国内最先端の音響実験棟を技術研究所に新設
2002年 世界初のコンクリート資源循環システムを開発・実用化
2003年 創業200年
技術研究所新本館完成
2005年 世界で初めて水の浮力を利用した免震構造「パーシャルフロート」実用化
2006年 一面吊りPC斜張橋として世界最長の支間を持つベトナム・バイチャイ橋を施工
2007年 延床面積55万m2におよぶチャンギ国際空港第3ターミナル(シンガポール)竣工
2009年 大手町一丁目再開発事業における連鎖型都市再生プロジェクト 日本経団連会館・日本経済新聞社本社ビル竣工
シャープグリーンフロント 堺 液晶パネル工場竣工
2010年 長期ビジョン「Smart Vision 2010」を策定
東京国際空港D滑走路竣工
2011年 JR博多シティ竣工
2012年 京橋本社営業開始

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る