ページの先頭です
ページ内移動用のメニューです。



このページは、トップページの中のお知らせのページです。


ここから本文です。

お知らせ

2017.04.06

「バイオミメティクス技術を活用したコンクリートの価値向上技術 アート型枠®」が
第46回 日本産業技術大賞 審査委員会特別賞を受賞

日刊工業新聞社が主催する「第46回日本産業技術大賞※」において、当社が東洋アルミニウム(株)と共同開発した「バイオミメティクス技術を活用したコンクリートの価値向上技術 アート型枠®」が審査委員会特別賞を受賞しました。4月5日(水)にホテルグランドパレスで行われた贈賞式には、当社から東出副社長が出席し、表彰を受けました。

アート型枠は、水を著しくはじく「蓮の葉」の表面機構を模したバイオミメティクス(生物模倣)技術をコンクリート型枠に適用して表層品質を向上させる技術であり、既に複数の建造物で採用されています。本技術を活用することで、これまでに解決できなかったコンクリートの表面の気泡痕や色むらを抑制し、優れた品質のコンクリート構造物を提供できます。

≪参考≫

※日本産業技術大賞は、1972年(昭和47年)に創設された表彰制度です。その年に実用化された革新的な大型産業設備・構造物や、先端システム技術の開発、実用化で顕著な成果をあげた企業・グループを表彰し、産業界や社会の発展に貢献した成果をたたえるとともに、技術開発を奨励することを目的としています。

贈賞式の様子(後列中央が当社東出副社長)

お知らせに記載している情報は、発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がございますので、あらかじめご了承ください。ご不明な場合は、お問い合わせください。

以上


ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニューです。
ページの終わりですページの先頭へ戻る